金属アレルギー

先日NHKで金属アレルギーについて放映されていましたが

ご覧になった方はいますでしょうか?テレビの影響のせいか

今週、来院中の数人の方からいくつか質問がありました。

必要以上に恐れることはありませんが、お口の中の治療に

いっさい金属は駄目というのも一考の余地があるとは思い

ます。ただ基本的には金属を使う必要がなければ使わない

ほうが良いとは思います。もともと人間の身体には金属は

ありませんからね。とりあえず使っても金属アレルギーが

少ないのは「金」と「チタン」です。

「金」にももちろんアレルギー反応を示す方はいますが、

率は比較的低めです。「チタン」は表面が不動態被膜に

おおわれているのでイオン化しにくいのが特徴でアレル

ギーの可能性が極めて低いと考えられています。

お口の中を診ただけでは金属の種類はわかりませんが、

変色しているような金属は「腐食」といって、溶けてイオン

化している可能性が大きいので気になる方は歯科医院

にてご相談ください。

Hdc について

1996年9月に西東京市柳沢に開設しました。ドイツで130年以上の歴史を誇るテレスコープ義歯システム、かみ合わせ、顎関節症、矯正治療を得意にしています。また近年ではドイツシロナ社のセレックシステムを導入しセラミック治療に積極的に応用し、さらに精密治療に必要なCTやドイツライカ社の顕微鏡を使った診療体制を整えて日々診療にあたっています。
カテゴリー: その他 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中