とても多い知覚過敏症の訴え

みなさま こんにちは。暑い日が続きますがいかがお過ごしでしょうか。

ここ1か月間の間に来院された患者さまのなかで多い症状が「知覚過敏」

だということが判明しました。

もちろん患者さんは自分が知覚過敏だということを知らないで来ている方が

ほとんどです。時期的に冷たいものを口にすることが多いからでしょうか。

「しみる」や「歯ブラシをあてると痛い」、「歯の根元をつめでひっかくとおか

しい」などいろんな訴えをお聞きします。なぜ知覚過敏になるのか、先生が

みなさまの傍らでしている話を聞いていると原因は人それぞれなんだなと

強く感じます。

ある人は歯周病が原因、ある人はかみ合わせが原因、またある人は知覚過敏

と思い込んで来てみたら実はむし歯だった・・などなど。先生が丁寧にみなさま

のお口の中を診査して丁寧に説明している姿をみていると診ただけでよくわか

るなといつも思います。

 

Hdc について

1996年9月に西東京市柳沢に開設しました。ドイツで130年以上の歴史を誇るテレスコープ義歯システム、かみ合わせ、顎関節症、矯正治療を得意にしています。また近年ではドイツシロナ社のセレックシステムを導入しセラミック治療に積極的に応用し、さらに精密治療に必要なCTやドイツライカ社の顕微鏡を使った診療体制を整えて日々診療にあたっています。
カテゴリー: 知覚過敏 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中