ティースクリーニング(PMTC)が必要な理由②

歯周病に対してハイリスクでなければ3-4ヵ月ごとに

古い歯垢をリセットするのが定期健診として適当だと

思います。

前回のブログで書きましたように歯垢は常在菌の球菌

(きゅうきん)が中心の細菌の組み合わせになるのが

理想です。

これは善玉腸内細菌のビフィズス菌と悪玉大腸菌の

ようなもので、お口の中も常在菌の球菌優位の状態

つくりだすことが大切です。

しかしながら悪玉である桿菌(かんきん)優位のハイリ

スクの方々はPMTCによって細菌の組み合わせを

リセットしても生活背景・生活習慣を見直さない限り

悪玉菌優位の細菌叢(細菌の組み合わせ)を変える

のは容易ではありません。

歯周病は以下の3つの因子(ファクター)が密接に関与

しています。

生体: 年齢 人種 性別 糖尿病などの基礎疾患

環境: 喫煙 健診回数など

かみ合わせ: 上下の歯が適切に調和してるかが大切

これらの中でカ・イ・ゼ・ンできるものを見極めて実践して

いくことが大変重要になります。

われわれ歯科医院側ができることと患者さん自身でやって

もらうことの両輪がうまく働かないといけないということに

なります。

Hdc について

1996年9月に西東京市柳沢に開設しました。ドイツで130年以上の歴史を誇るテレスコープ義歯システム、かみ合わせ、顎関節症、矯正治療を得意にしています。また近年ではドイツシロナ社のセレックシステムを導入しセラミック治療に積極的に応用し、さらに精密治療に必要なCTやドイツライカ社の顕微鏡を使った診療体制を整えて日々診療にあたっています。
カテゴリー: ティースクリーニング, 歯周病 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中