健康長寿の秘訣・・・老化?認知症?

認知症は脳細胞の活動が下がることにより

起こる現象であり、認知機能に障害が起き

普段の日常生活が送れなくなってしまいま

す。

よく混同されやすいのですが、「物忘れ」

と「認知症」は違います。認知症は年齢と

ともに起きうる物忘れとは違い、体験その

ものを忘れてしまうことと言われます。

例えば昨晩、風呂に入ったかどうか思い出

せないということではなく、風呂に入った

という体験そのものを忘れてしまうのが認

知症です。

簡単に言えば忘れてしまった自覚があるの

が老化で、自覚がないのが認知症と言える

でしょう。

認知症というと物忘れと思いがちだと思い

ますが、記憶の喪失だけでなく理解力や判

断力への影響も大きいとお考えください。

広告

cherokee2001 について

1996年9月に西東京市柳沢に開設しました。ドイツで120年以上の歴史を誇るテレスコープ義歯システム、かみ合わせ、顎関節症、矯正治療を得意にしています。また近年ではドイツシロナ社のセレックシステムを導入しセラミック治療に積極的に応用し、さらに精密治療に必要なCTやドイツライカ社の顕微鏡を使った診療体制を整えて日々診療にあたっています。
カテゴリー: 顎関節症 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中