歯医者と新型コロナウイルス・・・1

ここ数日東京の新型コロナウイルス(以下Covid

-19)感染者がようやく一桁台になってきました。

数ヶ月前から情報番組などでの過剰な取り上げ

方をされ歯科医院が感染リスクの最右翼で感染

の巣であるかのような報道があり、またニュー

ヨークタイムスでもこのようなグラフが報道さ

れました。

このグラフは職業としての危険性を示している

ものであり、来院される患者さんの感染リスク

を表しているものではありません。

感染する可能性があるのは、我々医療従事者側

です。診療で使う医療器具は元々スタンダード

プリコーションといった原則に基づいて以前か

ら行ってますし、今回の件で変わったことと言

えば不特定多数の方が触れるであろう扉の取っ

手のアルコールによる清拭、雑誌の撤去、キッ

ズコーナーの閉鎖です。

 

cherokee2001 について

1996年9月に西東京市柳沢に開設しました。ドイツで130年以上の歴史を誇るテレスコープ義歯システム、かみ合わせ、顎関節症、矯正治療を得意にしています。また近年ではドイツシロナ社のセレックシステムを導入しセラミック治療に積極的に応用し、さらに精密治療に必要なCTやドイツライカ社の顕微鏡を使った診療体制を整えて日々診療にあたっています。
カテゴリー: その他, 新型コロナウイルス パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中