続・新型コロナウイルスに対する基本的なこと

前回のマスクについて少し補足をしておきますと不織布

のいわゆる使い捨てマスクのメッシュは5μmと言われ

てます、一方我々が扱う虫歯を引き起こす細菌は1−2μm

です。さらに新型コロナウイルスは0.1μmですので果た

して意味があるのだろうかといつも感じてます。

しかしながら、発症していようがしてまいが新型コロナ

ウイルス陽性者は念のためマスクはしていたほうが少し

はましかなとは思います。予防として装着するマスクは

ほとんど意味がないと思ってるのが正直なところです。

正しく恐れるために必要なこととして、次はうがいです。

以前は外から帰ったらうがいを励行するよう指示されて

ましたが、実は季節性のインフルエンザについては厚労

省はうがいを推奨してません。理由はインフルエンザを

予防するのに科学的な証明がないというのが理由だそう

です。

首相官邸HP(季節性)インフルエンザ対策

          ↓

https://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/influenza.html

で・す・が、決してうがいが不要だということにはならな

いと思います。一応、風邪には効果があるとは言われてま

すので無駄ではないと思います。

季節性のインフルエンザについては現代の医学ではうがい

が予防になるかどうか明らかでないということでしょうね。

季節性のインフルエンザウイルスは気道粘膜に着くと数分

で粘膜内に取り込まれてしまうとも言われてるようです。

従って、うがいに関しても新型コロナウイルスも季節性の

インフルエンザウイルス同様の扱いと考えて良いと思いま

す。

ちなみにインフルエンザも新型コロナも口腔粘膜や咽頭

粘膜に着いたからといって必ず発症するわけではありませ

ん。ヒトにはちゃんと免疫機能が備わってますからね。

なお当院では治療開始前にオキシドールで洗口して頂いて

からの診療をしています。これはアメリカ歯科医師会

(ADA)が推奨してる方法に準じてるためです。

cherokee2001 について

1996年9月に西東京市柳沢に開設しました。ドイツで130年以上の歴史を誇るテレスコープ義歯システム、かみ合わせ、顎関節症、矯正治療を得意にしています。また近年ではドイツシロナ社のセレックシステムを導入しセラミック治療に積極的に応用し、さらに精密治療に必要なCTやドイツライカ社の顕微鏡を使った診療体制を整えて日々診療にあたっています。
カテゴリー: その他, 新型コロナウイルス パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中