新型コロナウイルスと口腔ケア②

歯周病で痛めつけられた歯周ポケット内の血管からLPS( リポ多糖体:内毒素)が侵入した際、血液中のLPS濃度がブラッシングをすることで改善したという研究結果があります。このことより、正しい口腔ケアが新型コロナウイルスによる重症化リスクの低減に役立ってると言えます。

また正しい口腔ケア、口腔清掃はウイルス感染の水際対策とも言われてます。是非こちらのサイトも参考にされてください。⇩

http://www.nsigr.or.jp/coronavirus.html

cherokee2001 について

1996年9月に西東京市柳沢に開設しました。ドイツで130年以上の歴史を誇るテレスコープ義歯システム、かみ合わせ、顎関節症、矯正治療を得意にしています。また近年ではドイツシロナ社のセレックシステムを導入しセラミック治療に積極的に応用し、さらに精密治療に必要なCTやドイツライカ社の顕微鏡を使った診療体制を整えて日々診療にあたっています。
カテゴリー: ティースクリーニング, 健診, 新型コロナウイルス パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中