アルツハイマー型認知症と歯の数

歯の数とアルツハイマー型認知症が密接に関係のあることが厚労省と日本歯科医師会 日本歯科総合研究機構の間で共有してるデータベースの結果から判明したと今年の5月に発表されました。

以前からこのブログでもたびたびお伝えしてあるように奥歯で咬めなくなると、アルツハイマー型認知症のリスクが高くなりますと診療室でもご説明してきました。

今回の発表は僕ら歯科医師サイドでは常々わかっていたことの裏づけがとれたと言えます。

20-28本の歯が有る人を1とした場合、10-19本の歯が有る人は1.11倍、1-9本の歯が有る人は1.34倍も医科の受診でアルツハイマー型認知症と診断されていました。

一方、視点を歯のない数で見てみると歯のない数が1-13本の人を1とすると、歯のない数が14-27本の人では1.4倍、28本ない人では1.81倍もアルツハイマー型認知症のリスクが高いとなってます。

今後も医科歯科連携によるたくさんの紐付けデータがでてくると思われますのでその結果を注視したいと思います。

Hdc について

1996年9月に西東京市柳沢に開設しました。ドイツで130年以上の歴史を誇るテレスコープ義歯システム、かみ合わせ、顎関節症、矯正治療を得意にしています。また近年ではドイツシロナ社のセレックシステムを導入しセラミック治療に積極的に応用し、さらに精密治療に必要なCTやドイツライカ社の顕微鏡を使った診療体制を整えて日々診療にあたっています。
カテゴリー: その他, フレイル パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中