糖尿病と歯周病 4

三大栄養素のひとつである炭水化物は摂取後、消化管の酵素で分解されブドウ糖になった後、血管内を経由して細胞に取り込まれます。この時にお世話になるのが”インスリン”です。

インスリンの働きが悪くなると、血管内のブドウ糖が余ってしまい血糖値の高い状態、すなわち糖尿病となってしまいます。

血糖が高くなると感染を防ぐチカラが弱まり歯周病菌の活動を抑えるチカラもなくなり歯周病も悪化してしまいます。

つまり糖尿病に罹患してる方たちは、通常の方たちより歯周病に2倍以上かかりやすくなっている現実を直視しなければと思います。

Hdc について

1996年9月に西東京市柳沢に開設しました。ドイツで130年以上の歴史を誇るテレスコープ義歯システム、かみ合わせ、顎関節症、矯正治療を得意にしています。また近年ではドイツシロナ社のセレックシステムを導入しセラミック治療に積極的に応用し、さらに精密治療に必要なCTやドイツライカ社の顕微鏡を使った診療体制を整えて日々診療にあたっています。
カテゴリー: 歯周病 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中