歯を守るためには…

お口の2大疾患であるむし歯と歯周病ですが我が国では、30歳台以上の3人に2人は歯周病という現実があります。

歯石をとったり、歯周ポケット内の歯垢や歯石を歯科医院で取ってもらっても、その後のメインテナンスを続けていないと歯を残すのは難しいというデータが下の棒グラフです。

2016年の歯科疾患実態調査にて80歳で20本以上歯のある方が5割を超えてるという現実があります。歯がないと咬む力も弱まり、あご周りの筋肉や脳への血液の流れも減ります。

身体の衰えは足からという言葉がありますが、口からとならないように気をつけましょう。

Hdc について

1996年9月に西東京市柳沢に開設しました。ドイツで130年以上の歴史を誇るテレスコープ義歯システム、かみ合わせ、顎関節症、矯正治療を得意にしています。また近年ではドイツシロナ社のセレックシステムを導入しセラミック治療に積極的に応用し、さらに精密治療に必要なCTやドイツライカ社の顕微鏡を使った診療体制を整えて日々診療にあたっています。
カテゴリー: かみ合わせ 咬むこと 咀嚼, ティースクリーニング, 健診 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中