マスク熱中症にご注意を!

熱中症になると、めまいや立ちくらみ、頭痛、吐き気や手足のしびれなどがあらわれます。

さらに外気温が上がってきている今日この頃の時期のマスクは気をつけないといけません。マスクをしていると、口もとの温度が3℃上昇すると言われてます。

マスク熱中症にならないようにするにはどうしたらいいのでしょうか。

ひとつにはマスクを適宜外すこと、マスクをつけ続けないようにする。二つめは暑さを避けて過ごすこと、エアコンをつけても適宜窓を開け換気を行うようにする。三つめはノドが渇いたと感じる前にこまめな水分補給をする。

あまり何がなんでもマスクをつけなきゃと自分を追い込まず、自分の体調をしっかり管理するのが大切です。

Hdc について

1996年9月に西東京市柳沢に開設しました。ドイツで130年以上の歴史を誇るテレスコープ義歯システム、かみ合わせ、顎関節症、矯正治療を得意にしています。また近年ではドイツシロナ社のセレックシステムを導入しセラミック治療に積極的に応用し、さらに精密治療に必要なCTやドイツライカ社の顕微鏡を使った診療体制を整えて日々診療にあたっています。
カテゴリー: その他 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中