歯肉炎にも注意

夏休み中にお子様を歯医者さんに連れて行くという親御さんもたくさんいらっしゃると思います。

1学期の学校歯科健診の結果をお持ちになって来院される理由のトップが最近では「歯肉炎があります」によくチェックがあります。

歯肉炎って何のこと・・?という方も多くいると思いますが、歯肉炎とは歯周病のひとつで歯周病の中でも炎症が歯ぐきだけに限局的にみられる状態です。

通常の歯肉炎では歯を支えてる歯槽骨(しそうこつ)にはまだ吸収といったダメージは起きてません。正しい歯ブラシ、つまりブラッシングにて十分歯ぐきはリカバリー可能な状態です。つまりセルフケアで治せる数少ない歯科疾患なのです。

Hdc について

1996年9月に西東京市柳沢に開設しました。ドイツで130年以上の歴史を誇るテレスコープ義歯システム、かみ合わせ、顎関節症、矯正治療を得意にしています。また近年ではドイツシロナ社のセレックシステムを導入しセラミック治療に積極的に応用し、さらに精密治療に必要なCTやドイツライカ社の顕微鏡を使った診療体制を整えて日々診療にあたっています。
カテゴリー: 健診, 歯周病 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中